logo

【デルフィス|アクアリウム用品国産ブランド】
海水魚、サンゴ、淡水魚用品、サンゴ育成照明、陸上養殖サンゴ

btn01btn02
contact
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • youtube
  • logo01
totop
TOP >  企画・水族館照明 >  新潟市水族館 マリンピア日本海
新潟市水族館 マリンピア日本海タイトル

新潟市水族館 マリンピア日本海

新潟市中央区西船見町 5932-445
TEL:025-222-7500
HP: http://www.marinepia.or.jp

夕日のきれいな日本海岸に面し、【マリンピア日本海】の愛称で親しまれている日本海側有数の水族館。様々な施設の整備を行い、今年2013年7月15日リニューアルオープン!サンゴ水槽や砂浜水槽など海岸線の風景を7つの水槽で再現した「潮風の風景」や屋外に砂丘湖や田んぼなど、新潟市の自然環境をモデルにした「にいがたフィールド」など新たに設置。水量800tの「日本海大水槽」では、照明や擬岩などを入れ替え、魚の種類もさらに増やし、改装前の雰囲気とはまた違ったマリントンネルを楽しむ事ができます。生き物の観察・実験ができる「磯の体験コーナー」やイルカショーなど魚やサンゴ以外にも見どころが盛りだくさんで1日中楽しむことができます。

aqua-index-image-img12入口に入るとすぐに設置されているW2000×D2000×H650のサンゴ水槽は、美しいサンゴを上から見れる日本水族館でも数少ない水槽で、必見の価値有り!この照明にはアストロビームライト400w×4灯とDELPHIS 6000K 250w×1灯を設置。アストロビームライト400wは近接照射が可能な平行照タイプに内蔵型ルーバーを使用。光の漏れを抑え、水槽の隅々までレイアウトされたサンゴに効率よく多くの光を照射させています。右は設置後1年経過した、サンゴの写真。成長の様子が伺えます。

aqua-index-image-img12サンゴ水槽を過ぎるとW2000のアマモ水槽が展示されています。そこではDELPHIS 6000K 250w×3灯を設置しています。平均演色評価数90の黄ばみのないクリアーな光によってアマモの色も鮮やかに浮かび上がらせます。

aqua-index-image-img12左は新潟県本島側の砂地、右は佐渡ケ島の岩礁を演出している水槽では、1つの水槽で違った景色を演出しており、アストロビームライト400wとエコセラⅡ30wを設置。

aqua-index-image-img12サ幅4mのパノラマ水槽では立体感のあるレイアウトが施されています。飼育員の方が水槽内に潜ってレイアウトしても余裕の広さ。ここではアストロビームライト400wとDELPHIS 6000K 250wを使用しています。

Back