logo

【デルフィス|アクアリウム用品国産ブランド】
海水魚、サンゴ、淡水魚用品、サンゴ育成照明、陸上養殖サンゴ

btn01btn02
contact
  • twitter
  • facebook
  • google+
  • youtube
  • logo01
totop
TOP >  楽しむ&学ぶ >  まめ知識
BANNER
shadow02

海水の作り方(初級編)

 

カクレクマノミ

海で生活している魚やサンゴなどを水槽内で飼育するために、先ず無くてはならないものは海水です。
水道水からの水は真水(淡水)なので、この水から海水をつくらなければなりません。

手軽に海水セット   【手軽に海水セット】には、ライブシーソルト200ℓとライブシーバケツ、計量カップと、袋の密閉用とじ具スライド式ジッパーがセットされています。
←詳しくは画像をクリック
(現在100ℓ用キャンペーン中!期間:8月末まで数量限定。)

それでは10ℓの海水をつくってみましょう。

カクレクマノミ

ライブシーバケツにはメモリがついているので、まず10ℓまで水を貯めてください。


計量カップ魚用メモリ計量カップサンゴ用メモリ

次に計量カップに海水の素:ライブシーソルトを入れます。
計量カップには魚用のメモリとサンゴ用のメモリがついています。 魚のみの飼育の時は魚のメモリ側をサンゴも合わせて飼育する場合は、サンゴのメモリ側をご使用ください。

クマノミとイソギンチャクを飼育される場合もサンゴのイラストのメモリをご使用ください。

先ほど貯めた水に計量カップで測ったライブシーソルトを入れて, エンビパイプなどで透明になるまでしっかりと溶かしてください。(約5分〜10分)これで海水が完成。

(溶かす時の水温は5℃〜40℃の範囲内で。)

あとは、水槽にできた海水を入れていきましょう。