index-img-mainbanner01
イルカの島は、デルフィスの製品をご利用していただいているお客様向けのサービスです。

※注意
イルカの島は携帯専用です。パソコンでご使用の場合は誤作動する可能性があります。予めご了承ください。
水質管理
水質管理マニュアルの使用上の注意+
※必ず右上の+で開いて、注意事項をお読みください。
1. この海水水質管理は、ライブシー製品専用の水質管理マニュアルです。必ず弊社ライブシー製品を使ってご利用ください。
ただし、飼育されている生体を保証をするものではありません。必ず、生体の状態や水質を見ながら必要に応じて対処してください。
2. この海水水質管理は、定期的な水換えの合間に水質を管理するためのマニュアルです。
ライブシーソルトでの定期的な水換えは必ず行ってください。目安は50%/月の水換え。
3. カルシウムリアクターを使用している場合は、遊離CO2の影響でpH値が下がっていることが多く、CO2の添加を止めるだけでpHが上昇します。pH低下の原因がCaリアクターの場合、CO2の添加量を減らしたり、リアクターから出る排水を一旦貯めてエアレーションするなど、海水中の遊離CO2を抜いてから、飼育水に戻すようにして海水のpHが下がらないように調整してからpH値を測定してください。
4. 締め切った部屋の場合、pHが下がることがあります。その場合は部屋の換気をして、外気を室内に入れてからpH測定してください。
5. 試薬が正常に測れているかは、CO2の影響のない換気された場所で、水道水で新しくライブシーソルトを作ったときに確認してください。
pH8.1~8.2 Alk:3.5meq/ℓ。
カルシウム濃度は1Lの水道水に41g溶かして、塩分濃度35‰で455㎎/ℓであれば正常です。
6. 底砂を敷いている場合、コーラルが微生物に侵食されやすくなるので、1ヵ月に1度は毒抜き作業をお勧めします。
7. この水質管理マニュアルは携帯専用です。パソコンでご使用の場合は誤作動する可能性がございますので、ご注意ください。
海水魚 LPS/SOFT Coral SPS Coral
マニュアルをご使用する前に+
※予め必要なものをご確認ください。
●海水魚用 ●LPS/Soft Coral用 ●SPS Coral用で基本水質の管理方法が異なります。
飼育水槽に一番近いバナーを下から選んで予め必要なものをご確認ください。
    
       
【測定】 ①海水塩分(濃度)‰ 
  ※海水濃度計をご使用ください。
②pHとアルカリ度(KH)の測定
  ※測定には、LIVESea マリンテストキットpH+Alk測定試薬をご利用ください。
【管理】 ①ライブシーソルト

②バッファーalk

③バッファーpH/alk
【測定】 ①海水塩分(濃度)‰ 
  ※海水濃度計をご使用ください。
②pHとアルカリ度(KH)の測定 
  ※測定にはLIVESea マリンテストキットpH+Alk測定試薬をご利用ください。
③カルシウム濃度測定 
  ※測定には、LIVESea マリンテストキットCa測定試薬をご利用ください。
【管理】 ①ライブシーソルト

②バッファーalk

③バッファーpH/alk


④クィックカルシウム

⑤オーガニックストロンチウム

⑥バランスマグネシウム
マニュアルの使い方+
飼育水槽に一番近い使い方を選んでください。
●海水魚用の使い方を見る
●LPS/Soft Coral用、SPS Coral用の使い方を見る
海水魚のバナーをクリックしてください。
 
【Step1】 ①海水塩分(濃度)‰を確認してください。 
魚の生息域に合わせて、海水濃度は31〜35‰の範囲内で管理してください。海水濃度が低い時はライブシーソルトを足してください。又、濃度が低い時は真水を足して薄めてください。
②測定したpH値とアルカリ度(KH)の数値をセレクトボックス内から選んでください。

③選択したらClick!をクリック

④判定結果を確認し、内容に沿って対応してください。
⑤水量計算用の自動計算表は必要に応じて出てます。水槽、ろ過槽、サンプ槽の寸法を□枠内入れてください。(単位cm)
(パソコンでご利用の際、数字を入れ直す時、変更の際は前データがクリアになっているか必ずご確認ください。)
⑥判定結果で水質調整が必要な場合、水質の調整に必要な容量が出てきます。
その場合は赤文字で表記された数字を下の枠内に手入力してください。
水質調整に必要なライブシー製品の必要な量がわかります。内容に沿って対応してください。
LPS/SOFT Coral又はLPS Coralを選んでください。
【Step1】 ①測定した海水塩分(濃度)とカルシウム濃度の数値をセレクトボックス内から選んでください。

②選択したらClick!をクリック

③判定結果を確認し、内容に沿って対応してください
④水量計算用の自動計算表は必要に応じて出てます。水槽、ろ過槽、サンプ槽の寸法を□枠内入れてください。(単位cm)
(パソコンでご利用の際、数字を入れ直す時、変更の際は前データがクリアになっているか必ずご確認ください。)
⑤判定結果で水質調整が必要な場合、水質の調整に必要な容量が出てきます。
その場合は赤文字で表記された数字を下の枠内に手入力してください。
水質調整に必要なライブシー製品の必要な量がわかります。内容に沿って対応してください。
【Step2】 ①測定したpH値とアルカリ度(KH)の数値をセレクトボックス内から選んでください。

③選択したらClick!をクリック

④判定結果を確認し、内容に沿って対応してください。
⑤水量計算用の自動計算表は必要に応じて出てます。水槽、ろ過槽、サンプ槽の寸法を□枠内入れてください。(単位cm)
(パソコンでご利用の際、数字を入れ直す時、変更の際は前データがクリアになっているか必ずご確認ください。)
⑥判定結果で水質調整が必要な場合、水質の調整に必要な容量が出てきます。
その場合は赤文字で表記された数字を下の枠内に手入力してください。
水質調整に必要なライブシー製品の必要な量がわかります。内容に沿って対応してください。
SNS
Twitter Facebook Instagram YouTube